Supremeスニーカーが人気の理由

今やお洒落な人にとっては定番となっているSupremeは、元々はスケーター向けにニューヨークで設立されたブランドです。「綺麗すぎず、ラフ過ぎず、その中間に位置するようなもの」をコンセプトとしています。1994年にKate Mossをモデルとしたカルバン・クラインの広告にステッカーを張り付けるというプロモーションにより、知名度が一気に上がることになります。

このようにSupremeは、アスリート向けとしながらも世界的なファッションブランドを初期の段階から強く意識していたということが特徴です。これは、その後に次々と誕生したスケーターブランドも踏襲している方向性で、これらのパイオニア的な存在としての一面も持っています。

なお、Supremeの最初のプロモーションはやや反社会的な印象を与えかねないものでしたが、その後は知的でクリーンなイメージを確立することに成功しており、世界的にも有名なモデルやミュージシャン、アーティストが多数愛用しています。

ちなみに、Supremeのスニーカーの人気を決定づけたのが、スポーツブランドの「Nike」とのコラボレーションです。特に、2002年~2006年にかけて発表された4つのモデルは、未だに人気を集めるほどの名作として高く評価されています。

ナイキエアは高いけど足元がオシャレで良い

「オシャレは足元から」と言うように、せっかくオシャレをしても足元が決まってないとどんなコーディネートも台無しです。近年男女共に人気の高いスニーカー、どうせなら高くてもかっこいいものが欲しいと思いませんか?

そこで今回お勧めしたいスニーカーがナイキエアマックスシリーズです。近年ハイテクスニーカーのリバイバルによって再度注目を集めているこのナイキエアマックスシリーズ。

当時から人気だったこのモデルですが、今では様々なブランドが別注モデルを販売していたり、NIKEiDで自分の好みのカラーリングにカスタマイズする事もできます。少々お値段は高くなってしまいますが、足元のオシャレでライバルに差をつけたい人にはお勧めです。

また、値段が手ごろなスニーカーを2,3足買うよりも、これだ!と心に決めたお気に入りのスニーカーを1足持っていた方がオシャレ度も格段にUPする事間違いなしです。

現代はネットでちょっと探せば、格安なスニーカーが沢山見つかる時代です。
しかし、そんな時代だからこそ自分だけのお気に入りの一足を探してみるのはいかがでしょうか。是非自分のお気に入りのナイキエアマックスシリーズを購入して、足元のオシャレで差をつけてみてはいかがでしょうか。
参考:スニーカーの人気サイトのスニーカープレイス

トレーニング用Reebokシューズを購入した

近未来的なデザインのスニーカーに空気を送り込み、形状を変化させてジャストフィットさせられるというギミックも備えているReebokのスニーカーの中には、同社が運営しているトレーニングジムのメニューに特化したタイプもあります。
Reebokのジム名と同じクロスフィットと名付けられたトレーニング用のスニーカーは、人間工学に精通している研究者達の全面的なバックアップにより誕生し、ソールの形式やインソールの素材にまで拘った事で下半身の安定性をより一層強力にさせられます。
そのためReebokのトレーニングジムのメニューの中にはウエイトトレーニングがありますが、他のスニーカーでは踏ん張れずに持ち上げられなかった重量がトレーニング用では難なく持ち上げる事が可能です。
スニーカーのアッパー部分はメッシュ素材になっているのですが、見た目の繊細さと美しさとは裏腹に耐久性が高くなっており、激しく走ったりジャンプを繰り返しても問題ありません。
もちろんメッシュ状ならではの通気性の良さも兼ね備えられており、長い時間をかけてじっくりとトレーニングに勤しんでも蒸れなどによって不快感を覚える事はなく常に快適な足元で居られます。

アシックスのスニーカーを選んだ理由

スニーカーを含めた全ての履物は金型と呼ばれる人間の足を模した模型を参考にして裁断し裁縫していくのですが、多くのメーカーは金型自体が外国人に合わせているので横幅が広い日本の人々が履くと窮屈に感じられてしまいます。
しかし、アシックスは世界的に見ても独特な形をしている日本人にフィットさせられるように設計しているので、横幅を広くさせるために縦方向が大きいサイズを選び紐できっちりと結ぶといった必要性がありません。

そのためアシックスのスニーカーでは包み込んでくれるような感覚を味わう事ができるのですが、さらに優れているのがクッション性が高い素材でありランニングシューズを中心として踵の部分にゲルというゼリータイプのクッション材が使われているので、長距離を歩行したりランニングする際にも優しくサポートしてもらえます。

しかもクッション材は踵だけに限らずにつま先に対しても少量入れられているので、着地した時の衝撃を吸収してくれる上に蹴り出す際にも指にかかる負担が軽くなるため、乳酸が溜まりにくくなりパフォーマンスが低下しません。
またそうしたゲルを使っている事を考慮して、アシックスのスニーカーのソールは平均よりも固めに作られているため地面への食いつきに優れています。

ニューバランスの最新版を購入した

元来扁平足に悩まされている方に対して作られたというだけあり、当初から高い完成度を誇っていたニューバランスのスニーカーは、今日における最新版では技術の進歩に伴い尚一層履き心地が良好になっています。

スニーカーに関するノウハウを知り尽くしているからこそニューバランスが最新モデルに組み込んだのは、これまでのシューレースで締め付ける方式ではなく横と踵の部分にて全体をきっちり固定させ、シューレースはあくまでも最終的な微調整に留めるという方式です。

このような独自機能をスニーカーに持たせる事によりかつてよりも上部に靴紐が搭載できるようになったため、指先が固定化されずに自由度が向上したのでスニーカーを履いているのに指で地面を掴んでいるような安定感が得られるようになりました。

そして新モデルではアッパーに使う素材も見直され光沢感と滑らかな触り心地に感じられるレザーの他にスエード素材も採用しているので、スニーカーであるのにシックで上品な様子になりスラックスに合わせても違和感がありません。
もちろん、アクティブな雰囲気が存分に感じられるカラーリングとデザインも展開されており、ビタミンカラーのスニーカーは甲まで伸びるソールも相まって尚一層活発に見せられます。

リーボックスニーカーのデザインがオシャレ

リーボックはイギリス発祥のスポーツ用品ブランドで、1980年代にはフィットネスブームのきっかけとなったエアロビクスシューズを発表してヒットになり、ブームを作り出しました。機能性はもちろん、デザイン性も優れていて、競技用だけではなくファッションコーディネートも決まります。

注目したいのはリーボックスニーカーのデザインで、さまざまなコンセプトがありますが、共通するのはシンプルでスタイリッシュなところです。これはスニーカーとしての目的を邪魔しないように、機能性を重視しつつもオシャレ感を打ち出すという、相反する要素を上手く組み込んで作られています。カラーバリエーションも豊富で、単色から迷彩、グラデーションと好みに合わせて選ぶことが可能です。

余計な装飾を取り除きつつも人目を引き付けるのが特徴で、シンプルなスポーツスタイルにしても、足元で自分らしさを表現することができます。鮮やかな色遣いが魅力で、普段のコーディネートがシンプルな人ほど足元で目立たせることができて、アクセントにすることで全体のオシャレ感がアップするのが魅力です。オシャレは足元からという言葉もあり、リーボックスニーカーはおすすめのアイテムになります。