アシックスのスニーカーを選んだ理由

スニーカーを含めた全ての履物は金型と呼ばれる人間の足を模した模型を参考にして裁断し裁縫していくのですが、多くのメーカーは金型自体が外国人に合わせているので横幅が広い日本の人々が履くと窮屈に感じられてしまいます。
しかし、アシックスは世界的に見ても独特な形をしている日本人にフィットさせられるように設計しているので、横幅を広くさせるために縦方向が大きいサイズを選び紐できっちりと結ぶといった必要性がありません。

そのためアシックスのスニーカーでは包み込んでくれるような感覚を味わう事ができるのですが、さらに優れているのがクッション性が高い素材でありランニングシューズを中心として踵の部分にゲルというゼリータイプのクッション材が使われているので、長距離を歩行したりランニングする際にも優しくサポートしてもらえます。

しかもクッション材は踵だけに限らずにつま先に対しても少量入れられているので、着地した時の衝撃を吸収してくれる上に蹴り出す際にも指にかかる負担が軽くなるため、乳酸が溜まりにくくなりパフォーマンスが低下しません。
またそうしたゲルを使っている事を考慮して、アシックスのスニーカーのソールは平均よりも固めに作られているため地面への食いつきに優れています。